住宅用ソーラー発電シミュレーション:ご利用ガイド

住宅用ソーラー発電シミュレーション:蓄電動作シミュレーションをご利用いただくためのガイドです。

操作方法

住宅用ソーラー発電シミュレーション:蓄電動作シミュレーションは、全部で4つの画面で構成されています。


1.条件の選択・入力

条件の選択・入力 シミュレーション条件の選択・入力を行います。

1.システム設置場所の都道府県(北海道は支庁)を選択してください。

日本地図またはプルダウンメニューより都道府県(北海道は支庁)を選択します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)

住所や郵便番号からの検索も可能です。
GPS機能が利用可能なブラウザをご利用の場合は「GPS利用」ボタンでGPSによる現在地から都道府県(北海道は支庁)を選択できます。
   
条件の選択・入力 2.全国約800点の計測点が表示します。
マーカーまたはプルダウンメニューより設置する地区(地点)、または設置する場所に近い地区(地点)を選択します。

3.電気の料金メニューを選んでください。
選択された都道府県により選択可能な電気会社・料金メニューが表示されます。
契約されている電気会社・料金メニューを選択します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)
4.現在(設置前)の電力量料金を入力してください。

現在の電力量料金を入力します。
「1ヶ月の電力量料金より簡易計算する」、「12ヶ月の電力量料金より詳細計算する」
どちらかのラジオボタンを選択し、入力項目に半角数字を入力します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)

5. 生活パターンを選択してください。

「中間型」「昼型」「夜型」からラジオボタンを選択します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)

6. システムの規模(大きさ)を選んでください。

いずれかのラジオボタンを選択します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)

7. 太陽電池モジュールの設置傾斜角度と設置方位(角度)を選んでください。

画像上をドラッグして角度を設定するか、プルダウンメニューより設置傾斜角度を選択します。
*必須選択項目になります。(選択しない場合はデフォルトで表示された項目が選択されます。)

上記の項目で終了です。
「確認画面」へお進みください。

2.ご確認

ご確認 入力された情報を確認します。

確認終了後、「シミュレーションを行う」へお進みください。
*前に戻る場合は「修正する」をクリックします。

3.シミュレーション

シミュレーション 選択・入力情報よるシミュレーション結果が表示されます。

8.最初に戻る場合はクリックしてください。

9.入力内容を確認したい場合はクリックしてください。
 画面上に入力項目が表示します。

10.導入効果を確認したい場合はクリックしてください。
  別画面が開きます。(下記の説明に続く)

11.リチウムイオン蓄電システムの有無、蓄電システムのタイプ、モード、月、放電期間、
  蓄電池容量を変更してシミュレーション結果を確認することができます。


リチウムイオン蓄電システムのあり/なしを変更できます。
蓄電システムのタイプ(TypeA, TypeB)を変更できます。
蓄電システムのタイプ毎の運転モードを変更できます。
グラフ表示する月を変更できます。
放電期間(最大5時から22時)を変更できます。
電気の流れを表示する時間を変更できます。
蓄電池容量を変更できます。
ピークカットモード時は指定電力を変更できます。

4.導入効果

導入効果 12.電力量・電気料金予測が表示されます。
電気料金の買取単価の項目を選択することで、数値が変わり電気代メリットが表示されます。
このページのトップへ